矯正歯科で抜歯をするケース

歯並びを整えるために矯正歯科に行く場合、抜歯が必要なケースもあります。

歯並びが悪い原因が、生えるスペース不足の場合には、非抜歯の治療だと限界がある場合もあります。

非抜歯の矯正治療が可能な場合でも、熾烈を拡大するために歯を移動させると、歯が前に出てきて口元の突出感が出てきてしまうこともあるからです。

Girls Channelを利用するなら此方のサイトです。

抜歯をすると突出感の問題が解消されて、横から見たときにバランスのとれた形にできる可能性もあります。

矯正歯科で抜歯をする歯は、どの歯でも良いわけではありません。



前歯は噛みちぎるために必要ですし、見た目にも大きく関係します。


剣士は根っこが深くて丈夫な歯なので、噛み合わせに影響します。

奥歯も後ろ側にある大臼歯は噛み砕いたり、噛み合わせを作るための役割を果たしているので、抜歯には向きません。消去法で考えていくと、影響が少ない小臼歯を抜くことになります。
小臼歯は2本ありますが、普通は犬歯のすぐ横にある第一臼歯を抜くことが多いです。

ただし、虫歯がある場合や歯並びの状態によっては第一臼歯の後ろの第二臼歯を抜歯します。
矯正歯科ではなるべく歯を抜かない治療を目指すようになっていますが、抜歯せずに矯正すると見た目が悪くなってしまう場合には抜歯が必要になります。また、親知らず(第三臼歯)は非抜歯の治療でも、大抵の場合は抜歯が必要になります。非抜歯治療でも、親知らずだけは例外と考えておきましょう。

抜歯治療によって顎がほっそりして小顔の印象を与えられる可能性もあります。

あなたの期待に応える池尻大橋の歯科の新しい情報です。


Copyright (C) 2015 矯正歯科で抜歯をするケース All Rights Reserved.